買取査定価格が変わる要因

買取査定価格が変わる要因

買取査定価格の要因

車の買取査定価格の一番重視されているのが、走行距離と言われます。
年式が新しく(最新モデル)でも、1年で5,000キロの車と5万キロ走った車では、やはり車の部品が消耗する度合が大きく違うのは言うまでもありません。
お住まいの地域によっても車の使いみちが違い、年間の走行距離に差が出ると思いますが、基準は1年で1万キロの目安があります。
例えば、3年で2万キロなら走行距離は少なくなるので、買取はプラス査定なります。
また走行距離に次いで査定対象となるのが、ボディカラーです。
中古車市場で人気車種でも車のボディーカラーによって査定額が大きく変わることも多々あります。
人気のカラーは、黒や白などですが、女性が乗る車種などによっては、奇抜なボディーカラーがプラス査定になるケースもあります。
限定車として販売れた車種などの純正の限定カラーなどは、希少性もあるのでプラス査定になるケースがあります。
次に重要な要因が、外装と内装の状態です。
言うまでもありませんが、ボディのへこみや傷、洗車では落ちないひどい汚れなどは買取査定価格を下げる要因になります。
また内装では、車の所有syがタバコを吸う喫煙者のの場合、臭いや天井などに着いたヤニでの変色なども買取査定がマイナスになります。
買取査定は、純粋なその車の価値なので同じ年式の同車種でも日頃の車の扱いでプラス査定になったり、マイナス査定になったりしますので、愛車の日頃からの洗車やメンテナンスなどをこまめにすれば、買い替えの時の買取査定も満足のいく価格査定をしてもらえる可能性が大です!

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△