中古車買取業者とディーラー

中古車買取業者とディーラー

中古車,買取とディーラー売却

中古車を売ると決めたとき、自動車の販売ディーラーと、車買取業者のどちらがお得でしょうか?
私たちの身近な存在というと、ディーラーではありますが、果たして車買取業者より高値で買ってくれるのでしょうか?
まずディーラーに売却する場合、一般的に、新車を購入する際に、これまで乗ってきた車を自動車販売ディーラーに下取りしてもらうことになります。
下取りしてもらうことで新車の頭金に充てることができるからです。
ディーラー側としても、下取り価格を提示するほうが新車を売りやすいというメリットがあります。
買取業者と違う点は、車にキズや凹み、錆などがあれば、査定に響くことになり、下取り価格は大幅に下がるということです。
また、ディーラーは下取りした車を自社の中古車販売店で売却するため、仲介的な役割を果たしていますので、査定料が低くなる傾向があります。
ディーラーでは、値がつかないことも多いことから、廃車費用や引取り代金などを請求される場合があります。
対して買取業者に売却する場合、車の販売ディーラーと大きく違う点は、新車を購入しなくても業者が買取りしてくれることです。
車の痛み具合や色、種類、年式などによって価格に違いはありますが、人気カラーや人気車種であれば、高値で買ってもらえます。
また、買取価格というのは、地域、市場、リサイクルパーツの需要によって変動しますし、引取り業者によってもニーズが異なるので、何社かの買取業者に依頼すれば、各社で買取価格にばらつきが出て、一番高値で買い取ってくれるところで売ることが出来ます。
ですので、まずは複数の車買取業者から一括査定してもらった上で、買取価格を比較するのがベストな方法だといえます。
また、買取業者に依頼することで、不動車なら廃車にする手間や費用を省くことができ、一石二鳥ですので、オンラインの無料一括査定を利用してみるといいです。

 

買取業者とディーラー、どちらがお得?

このようにディーラーと買取り業者を比較してみると、一般的に、買取業者のほうが高く買い取ってもらえるといえます。
近年では、買取の需要も増えていますし、買取専門業者数も増えています。
業者は買取価格をあげないと価格競争に勝つことができないのが現状ですので高い価格を付けてくれることがあります。。
しかも、車種によってはすぐに高値で買い取りしたいという業者もいますので、ディーラーとの査定価格の差が何十万円も開くということはよくあることです。
ですので、中古車、不動者などを買い取ってもらう場合は、ネットオークションや中古車買取業者の無料一括査定などを利用すると便利です。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△