ディーラーの下取りの査定料

ディーラーの下取りの査定料

ディラーの下取り時は査定料がかかる

新車を購入するため、下取りと合わせて値引きの見積をお願いする場合、自動車の査定料金として7000円ほどかかると言われてびっくりすることがあります。
基本的にディーラーは下取車の査定料金を請求します。
「自動車を下取りに出せば、徴収されるのが常識ではないでしょうか?」
という声が多いと思います。
理由は昔からの習慣ですが、ディーラーは新車の販売が主のため、自動車の中古車の下取りはあくまでもサービスの一環ととらえているようです。
そのため、その査定を担当する人件費がかかるというのが理由としてあります。

 

査定料はいくら?

中古車の下取り査定料の相場は7,000円〜10,000円あたりが一般的です。
ただでさえ、ディーラーの下取りは安いのに、査定料までとられては、損というものです。
中古車を売却する場合は、中古車買い取り業者又は、オークションなどを利用して、お得に少しでも高く愛車を売却するように努めましょう。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△