ディーラーの下取りで値引きされる訳

ディーラーの下取りで値引きされる訳

ディーラーの値引き交渉

あなたはディーラーの下取り価格が査定されたら、その金額で一発で納得しますか?
あまりごねるのも嫌なので、そこまで真剣に値引き交渉をしないという方も多いのではないでしょうか。
ディーラーのどの販売員も「これが限界です!この金額で契約して下さい!」
と、言いますから「そうか、コレ以上は無理か」と判断してしまう経験がある方がほとんどなのではないでしょうか。
しかし、交渉次第で新車の値引き額は大きく変わるという事実があります。
私の友人にディーラーに勤めている人がいるのですが、同じ車種でも購入者によって値引き額が全く違う事がよくあるよと言っていました。
交渉術以外にも色々な要因が絡み合っているのは事実ですが、交渉次第では値引き額に大きな差が出てくるのは事実です。

 

下取りで値引き交渉

新車を購入する際に、ディーラーで中古車を下取りに出せば値引きしてくれるとはよく聞く話です。
その為、下取り価格が少々安くても、ディーラーの下取りに出してしまう方が多いのですが、実際にはディーラーの下取り+新車購入の値引き分と、中古車買い取り業者やオークションに出して、新車は新車で買う場合とどちらがお得でしょうか。
多くの場合、ディーラーで下取りを出すと、新車の値引き分があるため、一見安くしてもらっているようですが、実はディーラーの中古車買い取りは、ディーラーにはほとんどメリットが少ないため、力を入れていません。
どんぶり勘定で、かなり安くしてもらったと感じてしまいますが、実際のところは、中古車は中古車業者やオークションに出し、新車は新車で買う方がお得だという事がほとんどです。
これは中古車業者は中古車を買うのが本業なので、少しでも高く買おうという努力をしてくれるためです。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△