ディーラーの下取り価格が安い訳

ディーラーの下取り価格が安い訳

査定基準が原因

ディーラーは買取専門店と査定基準がそもそも違います。
ディーラーと買取店で中古車の同じ査定基準は、年式・年式・型番・修復歴の有無になります。
ディーラーにとって重要な査定基準は、その車が販売自社できちんとメンテナンスを受けていて、なおかつ純正であるかどうかということです。
中古車として販売する場合にも、ディーラーは保証をつけなくてはいけないのです。
メーカー保証と同等の保証をつけるには、新車と同じパーツが取り付けられている車で、その上、きちんとした整備を受けている車でなければいけないのです。
部品を他のメーカーの良いものに交換していてもプラス査定されることはほとんどの場合ありません。
場合によっては純正品ではない場合、逆にマイナス査定をされることも多々あるのです。

 

販売ルートが原因

ディーラーと中古車買取専門店では販売ルートが大きく異なります。
中古買取業者の場合は、海外への輸出、オークション、パーツのバラ売りなど、通常に販売する以外にも様々な販売方法があります。ですから車によってその都度、最適な販売方法のノウハウが蓄積されています。。その為、中古買取業者などは、買取価格に反映できるのです。
それに比べてディーラーは販売方法自体が少ないのです。ディーラーは自社の製品を売るのが重要なので、下取りをした車の販売ルートが買取専門店ほど多くないのです。
オークションなどにも出品しますが、専門で売買している買取業者と比べるとどうしても値段が低くなる傾向があります。

 

競合の違いが原因

買取専門店は競合が非常に多く競争がとても激しいのが実情です。そのため、生き残ろうと考えれば、買取金額を高くするのが一番の近道です。
査定金額を安くすると、車を売ってくれる人が減りますので、オークションなどに出品する車が手に入らない事になり、買取業者は生き残ることが出来ません。
それに比べてディーラーは買取が本業ではなく、自社製品の顧客に向けて車を売るので、買取という点で競合は多くありません。車を売るのが使命ですから買取、下取り査定金額が安くなるのです。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△