ディーラーの下取りが0円の場合

ディーラーの下取りが0円の場合

ディーラーの下取り0円の秘密

 

車を買い替えようかと下取り査定をしてみると、ディーラーなどでよく値段がつかない「0円です」と言われたらどうしようとか覆いますよね。
どこか壊れている車なら分かりますが、まだ走るし、どこも悪いところの無い車なら、なぜ値段がつかないのか不思議に思うのも当然ですが、車の状態などによっては、特にディーラーなどで、よく0円と言われることも少なくありません。
でも、下取りの基準や、値段がつかない0円の中古車をどうすればいいかなど、車の下取りのちょっとした知識を持っておくことで、交渉が有利になったり、下取り価格0円を回避することができるのです。

 

中古車の価値はどこで決まるか

 

下取りした車はほとんどの場合、中古車として再販することが目的とされています。年式の新しい車や人気のある車は、買い手も多いことが見込まれるので、当然、中古車でも高く買い取ってもらえます。
しかし、年式は新しくても過行距離が多い場合などの車は、下取り査定の下がる大きな原因となります。
また、車の骨格まで損傷してしまった事故車は、今後どのような不具合が起こるか分からないという不安もあり、買い手がつきにくく、査定額は一気に下がってしまいます。
事故したことを隠していれば、と思いますが、車の査定士の目はごまかせませんし、後でわかると契約解除や瑕疵担保責任を問われることがありますので、正直に話してから査定してもらいましょう。
また、年式は古くても人気のある車種も存在します。
その年代の形が一番良かった、というような隠れた人気車種の場合は、ディーラーの下取りよりもオークションの方が高く売れたりします。
大切に乗ってきた車なら、そういったオークションなどの市場も調べてみると、意外な高値で買い取ってもらえることもあります。
近年では、海外輸出を目的とした車買取り業者も増えてきたので、査定額がつかない0円の車でも、海外に販路を持った買取業者なら、意外に高値で買い取ってくれる場合があるので、このような業者が参加しているオークションなどは狙い目です!

 

廃車にも価値がある

 

査定額のつかない0円の車は廃車にするしかありません。
ディーラーで査定額0円と言われた上に、廃車にするための手数料が必要になり、結局マイナスに、ということもあり得ます。
『廃車』というと、お金にもならない、逆に金のかかるもの、という風に思われていると思いますが、ディーラーや中古車販売業者からすると、廃車には何の価値もありません。むしろ手続きに手間やお金がかかるため、手数料を請求するのも当然のことなのです。
しかし、解体する車のパーツ部品は再利用できますし、他はアルミや鉄くずとしてリサイクルできるのです。廃車買取業者などにとっては、0円の査定車でも価値の高い車なのです。
ディーラーでは査定額0円の車でも、廃車買取業者なら高く買い取ってくれることもありますから、査定額の低い車なら廃車買取業者などをりようするのも効果的です。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△