中古車を下取りに出すメリットとデメリット

中古車を下取りに出すメリットとデメリット

車を買い換える場合、新しい車を購入するディーラーや中古車販売店に、古い車を下取りに出す方が
多いですが、下取りにはメリットとデメリットがあります。

 

特に、車を高く売りたいと思っている人は、下取りよりも買取専門店やオークションに出した方が得をする
かもしれません。
ネットでオークション査定を利用すれば最も下取りの相場がわかります。

 

 

下取りに出すメリット

 

・車を売る手間がかからない
・買取店で拒否された車でも下取りしてくれる
・年式が古い車でも下取りしてくれる
・事故車などでも引き取りを頼みやすい
・複数回、同じ店で買い換えているとディーラーとの信頼関係が築ける下取りに出すメリットは、何と言っても車を売る手間がかからないことです。
新しい車の購入と古い車の売却が一度にできるので、忙しい方はこの方法を取る方が多いですね。

 

販売店は、車を売るのが本業ですので、車を買ってくれるのであれば多少難がある車でも下取りしてくれます。
ただし気をつけたいのは、下取価格を高くする代わりに新車の値引きを少なくされては意味がないので、トータルで判断するように気をつけましょう。
また、下取りなら安心して車の売買ができるのもメリットのひとつです。

 

下取りに出すデメリット

 

・買取店の買取価格よりも低い査定になる事が多い
・下取価格と新車の値引きがトータルでわかりづらい
・他社メーカー車や外車の査定が低くなる事が多い
・オプションが評価されない

 

基本的に、買取専門店の買取額よりもディーラーの下取価格の方が低くなります。
専門店はオークションや独自の販売ルートを持っているので、車を売りやすいので高く買い取れます。
また、ディーラーでは、他社メーカー車や外車は査定が低くなる傾向があります。
また、純正部品以外のオプションなどは評価されません。

 

買取専門店の場合、買取金額に利益を乗せてオークションなどで売りますが、高く売れると予想される車は高く買い取ってくれますので、オプションがプラス査定される可能性があります。
高く売りたい人は、オークションなどの査定を受けてみましょう。

 

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△