車下取りと車買取の違い

車下取りと車買取の違い

車下取りと車買取の違い

 

まず最初に本題である「車下取り」と「車買取」の違いについて解説します。

 

◎車下取りとは
主目的が車の購入であり、購入するために中古車を買い取ってもらう事を指します。ディーラーをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、ディーラーの主目的は「新車を売ること」です。ですから、車を売る側にとっては、車買取よりも低い査定額になる可能性が高いです。

 

○メリット
・新車購入と同じ店舗で行えるので手続き等が楽である。
・ディーラーの信頼性と安心感がある。
○デメリット
・車買取に比べると査定額が低いことが多い。

 

◎車買取とは
車買取業者などに車を買い取ってもらう事です。一般的に車の買取を専業として行っていますので、車の価値算出が得意で、車を売る側にとっては高く売れる可能性が高いです。

 

○メリット
・買取を専業にしている為、車下取りよりも高く売れる可能性が高い。
○デメリット
・新車乗り換え時の時は、新車購入はディーラーで、売却は買取店と手間が増える。

 

◎まとめ
以上のような点から、中古車を売却する場合は、多少手間がかかっても、中古車買取業者に頼んだ方が高価で買い取ってもらえますので、中古車を売る場合は、中古車買取業者に依頼しましょう。
その場合、まずはネットで無料の複数業者一括査定であなたの愛車の相場を見積もっておきましょう。

 

 

⇒【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク