ディーラー下取りと中古車買取業者どちらが得か

ディーラー下取りと中古車買取業者どちらが得か

車はディーラーで売却すると損の訳

中古車を売却したい場合、一般的にはディーラーでの『車下取り』よりも『買取店に車売却』したほうが
高く売れます。
下取り査定より、中古車買取店の売却査定のほうが数十万円以上も高いことは、よくある話です。
実際には、車下取り相場と車買取相場は、「まったく別物」だということを知らない人が多いのが実状です。
車下取り相場と車買取相場が、どのように違って、なぜ中古車買取店に車を売却したほうが得なのか?
多くの人が知らない、この話を知ることで、例えディーラーの下取りで売却する方も損することなく車を手放す
ことができると思いますので詳しく解説いたします。

 

ディーラーの下取りと中古車買取について

まずは、『車下取り』と『車買取』の違いを観ていきましょう。
車下取りとは、新車を買うディーラー等にいま乗っている車を売り、新しく買う車の購入資金の一部に充てること
を車下取りと言います。
対して車買取とは、中古車買取業者に、今乗っている車を売却することが車買取と言います。
つまり、車買取とは、ディーラーなどといった車を買う場所とは全く関係のないところで売却が
行われることになります。

 

車は買取のほうが高く売れる!

下取りと買取の違いがわかったところで気になるのが、どちらが高く車を売却できるのか
ということですよね。
ズバリ結論から言ってしまうと、車は中古車買取業者に買取してもらったほうが得をすることがほとんどです。
その理由は、中古車買取業者は独自の販売経路を持っているので、独自の販路で買い取った中古車を捌けるのです。
そのため、中間マージンをカットすることが可能であり、高額買取に繋がります。
中古車買取業者は、販売を専門としているディーラーなどとは違い、中古車の買取を専門としている業者の
ことです。
買取の専門業者なので、中古車市場の動向を日々チェックし、そのときの価値をダイレクトに中古車の価格
として反映させることができます。
そのため、様々なリスクを考慮して下取り査定をするディーラーよりも、高値で売却することが可能となって
います。

 

様々な方法で価格アップが期待できる!

しかも、ディーラー下取りでは出来ない事として、付属品をアピールしたり、複数社を競合させたりと、
色々な方法で査定額をアップさせられる可能性があります。
下取りではそういった交渉に応じてもらえないので、買取のほうが高額で引き取ってもらえます。
ということで、結論は、ディーラー下取りよりも中古買取業者に売却したほうが得という事になります!
まずは、無料で中古車買取業者の一括見積りサービスを利用して相場の把握をしましょう!

 

 

⇒【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク