10年落ちの車は売れるのか

10年落ちの車は売れるのか

10年落ちの車は売れるのか?

10年落ちの車が売れるのか不安に思っている方も多いのでhないでしょうか。
大体、車は10年も経つと中々値が付かないと言います。
10年落ちの車は一つの基準であり、10年を境に大きく評価が落ちると言われています。
10年落ちの車は、低査定になりやすく、実際、中古車業界の一つの買取目安の指標となっています。
ですから車を取得してから10年経過すると、買取価格はかなり下がるというのは本当のところ現実です。
しかも10年落ちの車を下取りに出したとすると、ほとんど値がつきません。
しかしディーラーに下取りに出すのではなく、買取専門店に売却すれば、高値で売れることがあります。
一般的に10年落ちの車は、走行距離もかなり多いので、10万キロを超えると車の値打ちはかなり落ちて
しまいます。
しかし、海外に目を向ければ、評価は全く違ってきます。
日本車は優秀なので、10年落ちの車でもメンテナンスさえすれば、非常に人気がありまだまだ使い用途
があります。
中古車買取専門店は、海外へのネットワークを持っているので、10年落ちの車でも十分に高い値段で売れる
のです。
そのため、10年落ちの車でも売れないと諦めるのではなく、中古車買取専門店と複数提携している一括査定サービスを利用してみましょう。

 

 

⇒【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク