ディーラーの下取りは安い

ディーラーの下取りは安い

販売ルートが理由の場合

 

ディーラーの下取りが買取専門店よりも安くなる大きな理由は、販売ルートが挙げられます。基本的に買い取り専門店は売るのが得意な車や、海外への輸出ルート、オプションパーツの販売ノウハウなどを持っていますが、ディーラーの場合は自社の車を売る事が一番の仕事となりますので、基本的に下取りした車の売却ルートが少ない場合がほとんどです。その為、下取り車を高く買い取ってしまうと、後々その車を高値で売る事が出来ないのでディーラーの下取りは安いのです。

 

査定するポイントの違いの場合

 

車の査定の基準としては、年式や走行距離が基本となりますが、ディーラーの場合は純正品以外のオプションパーツにプラス査定をつけるのは難しいと考えられます。一方買取専門店などは、中古車販売のルートが確立されているので、オプションをプラス査定した上で金額を見積もりしてくれる事があります。
また、ディーラーは査定本を元に、年式、走行距離から基本査定額を出し、そこから細かいポイントを見て行きますが、買取専門店は常にオークションに出品している業者も多く、オークション相場によって大きく買い取り額が上がる場合があります。このように査定するポイントの違いがディーラーの下取りが安くなる理由として考えられます。

 

値引き交渉の場合

 

ディーラーの下取りが安くなるのは、次に購入してもらう車の値引きが関係しています。新車の値引きなどは出来ないの場合が多いので下取り額を通常よりプラス査定すると言って、最初の下取り査定額無しから急に5万円等の値段がつく場合があります。
しかし、このような場合は、最初に下取り査定額を安く見積もっておき、本来の買取相場の限界まで引き上げているだけです。購入者側からすると一見得しているようですが、実は損をしている事がほとんどです。

 

競争相手の違いの場合

 

ネット上で無料の一括買い取り査定サイトがあるので、買い取り専門店は複数社との買い取り価格競争になる事が多いです。
しかし、ディーラーの下取りの場合は、元々車の購入目的で来たお客にに対して車を販売する為、基本的に下取り相場を知らないお客ががほとんどで、買い取り専門店のように他社との買い取り合戦になり比較することなどがありません。
ですから、ディーラーなどはもともと下取りを安くするい傾向があります。

 

△△△オークション無料簡単査定はこちら△△△